スポンサーリンク

カンテレを作ろう!! その2

こんばんわー hampです。

アイキャッチは今年3月の『大洗 海楽フェスタ』から。

あんなにウラルが集まるイベントねーよw

さて、引き続き、カンテレの製作を進めます。

先ずは前回大まかに切った主材を二枚、木工ボンドで貼り合わせます。

IMG_6870

クランプを使ってガッチリと。今回、土日しか作業できないので一週間放置しました。

これは裏っ側で、手前の段差部分には後日チューニング・ペグが付きます。

んで、ホムセンで適当に切り出したので、当然、フチはガタガタで

上下の板のラインも合ってません。

これを、#60の木工用ディスクを付けたグラインダーで削ります。

IMG_6874

これが、土日にしか作業できない原因。

音がうるせー!!!

IMG_6875IMG_6876

ほら、簡単でしょ?

面を揃えると同時に、適当に角っこの面取りもしていきます。

ついでに、ペグの入る穴も開けていきます。

11弦なので11個。

これは両端を適当に決めたあと、その間を10等分するだけで寸法が決まるので楽でした。

IMG_6888

最初に小さめの穴を開けて、大きな径で開け直します。

次に弦をまとめる『ポンシ』と言う部分を作ります。

ここですね。

11k160209

これはサイズ的にちょうど良いブロックが売ってたので、

予定変更してこれから切り出します。

縦横は丁度良かったのですが、厚さが厚すぎ……

なので、1cmほど薄くしますが、

IMG_6878

手持ちのカミソリ鋸、背中に押え金があるので

こういう厚い素材の中に刃が入っていかない!!

しょうが無いので、端から小さなブロックを少しずつ切り取り、

IMG_6879

最後に残った部分はグラインダーで無理矢理削り飛ばしました。

IMG_6880

なんか、大した事ない部分で無駄に疲れた!!

んで、弦を留める軸を入れるため、

こいつをUの字型になる様、凹みを切り出さないといけないのですが、

35ミリという中途半端な厚さ故、手持ちのジグゾーで一発とはいきません。

IMG_6884

結局、縦に刻みを入れては、斜めに切り出し、という行程を数回繰り返し

ギザギザの頭を更に切り飛ばし、最後はグラインダーでまたまたムリクリ削りました。

IMG_6886

……ふう、結構大変だぞ、木工……

という感じで、なんとなく楽器っぽくなってきたところで次回へ続きます。

1465632697974

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. KR より:

    ウラルいいですよね
    こないだ輸入車ばかり扱ってる店で見たとき、思わず欲しくなっちゃいましたよあのミリタリー感

    あとサンダーは確かにうるさい…
    削る系の工具の中でもピカ一にうるさいんじゃなかろうか
    音の大きさはそんなに変わらないかもしれないけど、据え置き型のベルトグラインダーがあれば
    面をもっと平らに削れるんですけどね

    • hamp(黒森TL) より:

      据え置きベルトサンダーは欲しいですよね……
      軽い素材の方を微妙な角度で削れるから
      凸曲面とか簡単に出せるしなぁ。

  2. くまくま より:

    うわ・・・
    最初はホムセンで売ってる木材!!ってイメージ強かったんですが
    ペグがついたら、一気に楽器ぽくなってきましたなヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

  3. ヒンメル より:

    一番最後の画像を見ると、弦を張れば完成のように見えるのですが。
    完成が楽しみです。