スポンサーリンク

KAWASAKI Versys-X 250/300 2017年モデル


出典:Canadian Kawasaki Motors Inc

カナダのカワサキモータースに
Versys-Xの情報見つけたんで、まとめてみる(=゚ω゚)ノアイ

スペックシート







ENGINE
Displacement 296cc or 249cc
Type 4-stroke, Parallel Twin
Bore and stroke 62.0 x 41.2 mm
Cooling Liquid
Compression ratio 11.3:1
Valve system DOHC, 8 valves
Fuel system 28 mm x 2 with dual throttle valves
Ignition Digital
Lubrication Forced lubrication (semi-dry sump)
BRAKES
Front: type Single 290 mm petal disc
Front: calipers Single balanced actuation dual-piston
Rear: type Single 220 mm petal disc
Rear: calipers Dual-piston
DIMENSIONS
Overall length 2,170 mm
Overall height 1,390 mm
Wheelbase 1,450 mm
Ground clearance 180 mm
Seat height 815 mm
Curb mass** 175 kg
Fuel capacity 17 litres
DRIVETRAIN
Transmission 6-speed, return
Final drive Chain
Primary reduction ratio 3.087 (71/23)
Gear ratio: 1st 2.714 (38/14)
Gear ratio: 2nd 1.789 (34/19)
Gear ratio: 3rd 1.409 (31/22)
Gear ratio: 4th 1.160 (29/25)
Gear ratio: 5th 1.000 (27/27)
Gear ratio: 6th 0.857 (24/28)
Final reduction ratio 3.286 (46/14)
Clutch Wet multi-disc, manual
FRAME
Type Backbone, high-tensile steel
Wheel travel: front 130 mm
Tire: front 100/90-19M/C 57S
Wheel travel: rear 148 mm
Tire: rear 130/80-17M/C 65S
Caster (rake) 24.3
Trail 108 mm
Steering angle (left/right) 40 / 40
PERFORMANCE
Maximum Power 29 kW {39 PS} / 11,500 rpm
Maximum Torque 26 N.m {2.7 kgf.m} / 10,000 rpm
SUSPENSION
Suspension, front 41 mm telescopic fork
Suspension, rear Bottom-Link Uni-Trak,
gas-charged shock and adjustable preload
DETAILS
Warranty 12 months warranty
$6,399
翻訳
総排気量 296cc or 249cc
エンジン種類 4ストローク、パラレルツイン
内径×行程 62.0×41.2mm
冷却方式 液体
圧縮比 11.3:1
弁方式 DOHC、8バルブ
燃料供給方式 デュアルスロットルバルブ付き28 mm x 2
点火方式 デジタル
潤滑方式 強制潤滑(セミドライサンプ)
フロント:タイプ シングル290 mm花弁ディスク
フロント:キャリパー シングルバランス作動デュアルピストン
リア:タイプ シングル220mm花弁ディスク
リア:キャリパー デュアルピストン
全長 2,170 mm
全高 1,390 mm
ホイールベース 1,450 mm
地上高 180 mm
シート高 815 mm
車両重量 175 kg
燃料タンク容量 17リットル
トランスミッション形式 6スピード、リターン
ファイナルドライブ チェーン
一次減速比 3.087(71/23)
ギヤ比:1st 2.714(38/14)
ギア比:2 1.789(34/19)
ギヤ比:3rd 1.409(31/22)
ギヤ比:4 1.160(29/25)
ギヤ比:5 1.000(27/27)
ギヤ比:6位 0.857(24/28)
最終減量比 3.286(46/14)
クラッチ形式 湿式多板マニュアル
タイプ バックボーン、高張力鋼
ホイールトラベル:フロント 130 mm
ホイールトラベル:リア 148 mm
タイヤ:フロント 100 / 90-19M / C 57S
タイヤ:リア 130 / 80-17M / C 65S
キャスター 24.3
トレイル 108 mm
ステアリングアングル(左右) 40/40
最高出力 29kW {39PS} / 11,500rpm
最大トルク 26Nm {2.7kgf.m} / 10,000rpm
懸架方式 フロント 41 mmテレスコピックフォーク
懸架方式 リヤ ボトムリンクユニトラック、ガス充填ショック、調整可能な予圧

今のところは海外のみだけど・・・

カナダのサイトでは、300ccでの表示になってるけど
川崎重工のサイトとかには
250ccモデルもしっかり出てきてるから
国内に入ってくるの・・・もうすぐって感じかな?

今年はこの手のモデルが各社から出てきてるから
気になってる人も多いんじゃないかな?おもうとですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

しかし、価格設定がちょっと高い気が・・・

一つ気になったのが、価格設定なんだけど
カナダで価格がすでに出てて・・・$6,399ってなってるのね

この価格って、NINJA 300 WINTER TEST EDITIONより
100ドル高い設定・・・
え???なんでそんな高い設定に!?
思ったのよね

当初の思いだと、無印Ninja250と同じくらいかな・・・
って思ってたんだけど
丁度10万くらい高くなる計算になる?
んで、見てたら・・・あーなる程的な所見つけた

Ninja250の外装変えて、フォーク長めにしたモデルかと
思ってたんだけど
エンジンはいっしょっぽいけど・・・
足回りがかなり違ってる
フロントにかなり太いフォークが入ってるね
<無印37mmに対して、41mmが入ってる

さらには、太さ変わって、剛性が上がるから
フレーム形状も変ってるみたいだね
<ダイヤモンドから、バックボーン

バックボーンフレーム使ってる車種、他に見当たらなかったから
新設計なのかな?
まぁ、剛性上がってんだろな・・・
それでいて、1kg増し(ABSモデル比)で済んでるんか・・・
どう化けてるか・・・楽しみやね(ノ´∀`*)アヘアヘ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 海魔 より:

    シートが815だから、ヴェルシスツアラーの方ですかね。
    確か845で、ローシートで815まで下がります。
    来月半ば辺りで価格も出ると思うけども、
    55万~辺りかな?ツアラーで70万前後位かと予想してます。
    今の忍者売って、250ツアラー買うかと考えてるとこです!

    • くまくま より:

      ってことは、さらに色々ついてるんですかね?
      <エンジンガードやフォグ、パニアとか

      まぁ、フォークが太くなっただけで
      20万は強気すぎだなぁ・・・思ってたんですよ(A´∀`)アセアセ

      • 海魔 より:

        確かローシート、サイドパイプ、LEDフォグ、センタースタンド、12V電源、パニアケース、ナックルガードだったかな?で、10万~15万アップで出るんじゃないか?って予想が出てるみたいですね。ツアラーが3/15日発売だから、2/15日には価格が出るのでは?と。
        通常モデルは4月発売なので、ツアラー出たくらいで価格がでるのかな?
        Vスト250に比べると、コンパクトアドベンチャーな仕上がりかなぁ。
        あっちはロードタイヤしか選べないし

        • くまくま より:

          川重のサイトには、無印とツアラー仕様で
          それぞれラインナップ出てますしね
          その可能性大ですね

          しかし、そんだけの装備追加で15万追加のみは・・・
          かなりお買い得な気がしますね
          結構でかいサイドパニアつくんですよね・・・(ノ´∀`*)アヘアヘ

  2. 匿名 より:

    ちょっと線が細いかな
    スズキのあいつはわずかに太い、が

    テネレ250はまだか?

    • くまくま より:

      あいつ・・・はたぶん、アドベンチャー寄りだから・・・
      思ってしまった(A´∀`)アセアセ