マフラーをリペアした

お久しぶりです、hampです。

夜桜を見に行ったら、

マフラーのエンドキャップが飛びましたw

まー、購入時から付いてたノジマファサームで、10年以上は間違いなく経ってるモノですから…… カーボンも劣化しますわな。

というか、二年前の正月に、既に左側が同じ事になってたんですよね。

なので、この時同様カーボンパイプ買ってきて、サクサクとリペアします。

二回目だから、慣れたもの。

要はカーボンパイプを切って穴開けて組み立て直すだけです。

まず、環七沿いにあるトガシエンジニアリングさんに行って、

カーボンパイプを買ってきます。

ぶっちゃけ、ここで内径サイズがぴったりのカーボンパイプを扱っているので

お気楽、お手軽にリペアしてますが、パイプが手に入らなかったら完全に詰みですw

はい、いっちゃったサイレンサーと、買ってきたカーボンパイプ。

まず、ドリルでリベットを揉んで、サイレンサーをバラします。

次に、買ってきたカーボンパイプを切断。

使用工具は、前回、左サイレンサーをリペアした時に、この為だけに購入した

100mm超パイプ対応、超巨大パイプカッター、二年ぶり二回目の登板w

はい、綺麗に切れました。

次に、外側のタイバンドを嵌める為、微妙にサンダーで削ります。

というのは、このパイプはオリジナルと違い、アルミの内張がある為、

その分微妙に外径が太いんですよね。

サンダーは当てる場所の微調整が出来ませんので、養生テープを追加、

削るところ以外、厳重に保護します。

はい、綺麗に嵌まりました。 

今度は、リベット穴を空けていきます。

通常、この手の自作では、綺麗に等間隔に穴を空けるのが難しいですが

リペアに限って言えば、このバンドが治具として使えるので大変楽ちんです。

はい、綺麗に空きました。

これで部品加工はおしまい! 後は組み立てるだけ!

ね、簡単でしょ?

amazonに発注したスチールウールが届くのを待って、

パンチングパイプに、ウールとグラスファイバーを巻いていきます。

グラスファイバーは、古いモノの上に追加で在庫の新品を追加。

今回の新兵器! つーか、なんで今まで持ってなかったんだという、ワイヤツイスター。

楽だ! ワイヤリングがすっげえ楽だ!

さて、後は、加工済みのカーボンパイプに突っ込んで、

リベットで留めるだけ!

DSC_0477

実は、一番の難関でもあります。

パンチングパイプの付いた側のキャップは左右にグリグリ動かしづらい(動かすとグラスファイバー層がパイプを押して楕円形に変形する)ので、ぴったりの内径に填めこむのが結構辛いのです。

今回、挿入側のパイプの内側を、リューターで面取りしています。

あんまりやると、力のかかるリベット穴付近の強度が落ちるので繊細な加工です。

タイバンドまで嵌めて、リベット穴をピッタリ合わせたら、

液体ガスケットを付けたリベットでガンガンかカシめていきます。

実はリベット締めする前に、ドリルで軽く穴のアタリを付け直してます。

と言うのも、そもそも、オリジナルの部品が、微妙にずれて穴を空けられているんですねW

なので、バンドとエンドキャップの嵌める角度で微妙に穴がずれているのです。

はい、出来ました。

はみ出た液ガスは、乾いてからむしり取るので気にしない!

プレートも、プレート自体を治具にして、穴を空け、リベットで留めます。

はい、完成!

……ココで痛恨のミス。プレートの位置が違うじゃん……

……まぁ、左右見比べないと解らないから、キニシナイ!

作業をしてたのは4/22の雨降り土曜日。

翌日の快晴日曜日に、リペアしたサイレンサーをマシンに装着して、テスト走行です。

道志に行ってきました! 標高が高いせいか、道志は今が花盛りです! 綺麗!

マフラーも問題なし! グラスファイバーが新しくなったので、音も若干静かになりました。

ということで、今回の整備はお終いです!

つーか、俺のバイク、サイレンサーが左右ともDIYになっちゃったよw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. KR より:

    うーん、食パンさんといいhampさんといい凄い技術w
    いや、自分もやろうと思えばできないことはないと思うんですが…
    何でも純正、もしくは既製品が好きな自分はここまでやろうという気がそもそも起きませんわ
    けど、こうやって手作りするとDIYゆえの相棒感とか出るのかもしれませんね
    それはそれで惹かれるなぁ…

  2. 海魔 より:

    なんと同日に同じ場所に!
    こっちは14時〜くらいに到着して、少し休憩してから、山中湖まで行ってきました。
    桜がちょうど見頃でしたねぇー

    GWは実家に帰られます?食パンさんと秩父に行くかもです。

  3. 匿名 より:

    リペア面白い!参考になります。

  4. ヒンメル より:

    こんばんは、hmpeさん。
    自分で、サイレンサーの修復してしまうのすごいです。
    (写真を撮りながら、作業するのもすごいです)
    自分の場合、即バイク屋さんです。

  5. ヒンメル より:

    ごめんなさい、hampさん。
    スペルが間違っていました。

    • 豊川稲荷 より:

      ハンプティ・ダンプティからきてるのかと思ったが綴りが違った。

      • hamp(黒森TL) より:

        あはは、わらしのハンドルネームは二号零戦、零戦32型の米軍コードネームから来てるんですわーw

  6. (*‘ω‘ *)提督 より:

    オレチャンにできないことを平然とやってのけるッ!
    そこにシビれる!あこがれるゥ!

    いやオッチャン日常整備程度ぐらいしかできないから画面見ながら「スゲー・・・」て言いまくりんぐ(*‘ω‘ *)
    ノッポさんのできるかな見てる気分

    • 海魔 より:

      わくわくさんじゃダメですか?
      両方すきだったなぁ
      とりあえず、グラスウールをステンレス製にすると、サビに強く!

  7. 01 より:

    こんなに美しく仕上がって、音も静かになるなんて素敵ですね!
    私にもhampさんみたいなスキルが欲しいです・・・

  8. 匿名 より:

    はえ~すっごい
    そもそもカーボンパイプなるものが存在している事自体知らなかった
    音質もカーボンマフラーなんだろうか?

    • hamp(黒森TL) より:

      音質は聞いた感じノーマルと変わらないですね。
      むしろグラスウールの増量と、まき直した結果の密度による差の方が大きかったです。

      カーボンパイプを買ったトガシエンジニアリングさんは、チューニングショップで、上のリンクから辿って商品リストを見ると、モーターカスタムにしか使えないような素材を多量に扱って居るみたいです。
      それこそ、溶接の技術があればマフラーやフレームを一から作れるほどの。
      カスタムショップの御用達みたいですね。
      前回、左のマフラーをリペアしたときはバイク屋さん経由で買ったのですが、今回、時間が無かったので直に買いに行きました。

  9. 匿名 より:

    本当にいろいろ売ってておもしろい。