スポンサーリンク

【東京モーターショー2015】カワサキブース

ms2015_kawasaki-0

カワサキブース

カワサキブースです。
事前に展示情報を公開していたのですが、それ以上のサプライズはありませんでした。
カワサキブースのテーマはRIDEOLOGY(ライディオロジー)です。
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/motorshow2015/
今までも、そしてこれからも変わることのない、「走り=RIDE」への「こだわり=IDEOLOGY」それが、カワサキのRIDEOLOGY
※カワサキブースのテーマを追記しました。

Concept SC 01

ms2015_kawasaki-1
これまでのカワサキ、これからのカワサキ
カワサキの思いは、これまでも、そしてこれからも変わることはありません。

バランス型スーパーチャージャードエンジン

ms2015_kawasaki-10
ms2015_kawasaki-11
ms2015_kawasaki-12
ガスタービン技術のフィードバックを用いた新しい機構で、吸入口の手前に電子制御フラップを設置。
吸気量や流れ方向を緻密にコントロールすることで圧縮効率や燃焼効率をいっそう高め、優れたパワーと燃費を実現。とのことです。
このエンジンが噂のNinja R2に載るのでしょうかね。(排気量は不明ですが、H2のエンジンがベースになっているような感じです)
Ninja H2も東京モーターショーでエンジンだけ出展して翌年に車体が公開になりましたので、今回もそのパターンなのかもしれません。

ZX-10R 2016モデル

説明不要の新型10Rです。
やっぱり実物見ると小さいのですが、ホイールベースは確かJKより伸びているのですよね。
■エンジン
ms2015_kawasaki-4
ms2015_kawasaki-9
■ストリップモデル
ms2015_kawasaki-5
やはりフロントフォークは市販車でこれはすごいな。
ms2015_kawasaki-6
ms2015_kawasaki-7
■KRT Edition
ms2015_kawasaki-17
ms2015_kawasaki-16
ms2015_kawasaki-24
ms2015_kawasaki-25
国内に入ってくる価格、諸元などはまだ詳細はわかりません。

Ninja H2

ms2015_kawasaki-2
ms2015_kawasaki-18
ms2015_kawasaki-19
東京モーターショー特別モデルのミラーコーテッドディープピンクゴールドカラーです。
ピンクと名の付く割には上品な色でした。
寧ろこの色を出しちゃうと2016年のラメラメ銀鏡がちょっと下品に見えてしまうぐらい、良い感じの落ち着いた上品さを醸し出していました。
個人的には同じ色が出せるなら全塗装しても良いですね。
ブライトでNinja H2の2016年モデルの値段などが出ました。
http://www.bright.ne.jp/lineup/ninjah2/
お値段は2,808,000円(税込み)と2015年モデルから10万円の値上げとなりました。
乗り出しは大体290万ちょっとぐらいですね。
アシストカムが付いたスリッパークラッチが新しく採用されていますが
「エンジン動力が通常の回転域で伝達されている場合、アシストカムによるセルフサーボ効果が発揮され、オペレーティングプレートをクラッチプレートに圧着する事をアシストします。
これにより全体のスプリングレートを低減。
クラッチレバーの操作感を従来型よりも40%程度軽く感じるようになり快適なライディングに貢献しています。」だそうです。
2015年モデルのオーナーで2016年モデルのクラッチを入れる人は結構居るかもしれませんね。
そういう自分もちょっとこれは気になっています。
その他2015年モデルからの変更点。
・ECUのエンジンセッティングを変更しパワー伝達を最適化。
・電子システムを更新し、レインモードのパワー供給を最適化。
・アフターマーケットのデータロガーを接続可能とするCANコネクターをアッパーカウル内に装備。

そういえば、2016年モデルは受注期間の設定はないのでしょうかね。
16年4月下旬発売予定とはなっておりますが。
(追記)
MSLゼファーの情報ではH2の受注期間は11月1日~12月20日までのようですね。
http://ameblo.jp/msl-japan/entry-12089973291.html

Ninja H2R 2016モデル

ms2015_kawasaki-20
2015年モデルより大きなウイングが付いておりますが、これは参考出展のパーツを取り付けた状態です。
ですので2016年モデルも2015年モデルと形状の変更はありません。
Mirror Coated Spark Blackの実物はPVとかなり違って見えて、単に2015年と同じ銀鏡塗装の上にガラスフレークが入ったクリアを吹いた塗装です。
ms2015_kawasaki-21
ms2015_kawasaki-22
ms2015_kawasaki-23
アッパーカウルと各種ウイング以外の外装はH2と同じですので、Ninja H2の2016年モデルも上記のようなラメが入った塗装になります。
(Ninja H2Rの2016年モデルはMirror Coated Spark Black + Real Carbonです)
相変わらず派手ですな。
Ninja H2Rは2015年11月1日から2016年2月14日までの受注期間があります。
https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjah2r/
お値段ですが2015年モデルより30万の値上げで5,724,000円(税込み)となっております。

Z125 PRO

話題のZ125 PROです。
ms2015_kawasaki-14
ms2015_kawasaki-15

Ninja ZX-14R ABS (High Grade)

フルモデルチェンジと噂がありましたがマイナーチェンジになりました。
ms2015_kawasaki-13
隼みたいに完成されすぎていて、下手なモデルチェンジが出来ないのかもしれませんね。
(追記)
ZX-14Rは日本ではベーシックモデルとHigh Gradeモデルの2グレード展開です。
http://www.bright.ne.jp/lineup/zx-14rabs/
High Gradeが1,868,400円(税込み:8%)
ベーシックが1,684,800円(税込み:8%)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 豊川稲荷 より:

    ZX14のマフラーは広角のせい?
    H2のクラッチはドラッグ用のロックアップクラッチみたいなもんだね。

    • K.K. より:

      14Rのマフラーですが広角歪みもあるのですが、もの凄くデカかったです。
      キャタライザーのサイズを従来の約2倍(従来と同じ直径のまま長さを約2倍)になったので。

      H2のクラッチですが、仰るようにロックアップクラッチのような感じみたいですね。
      クラッチが軽くなって滑らないので良いことばかりなのですけど、市販車で普及しないのは耐久性があまりないようで。
      まあ、H2はどうせ4万8千kmで状態に関わらずSCユニット丸ごと交換(40万)が指定なのでクラッチが例えば2万kmで丸ごと交換になっても大丈夫でしょうw
      (2016年のクラッチがどれぐらい持つのかわかりません。上記2万kmは例えです)

      • 中目黒 より:

        はじめまして。
        >4万8千kmで状態に関わらずSCユニット丸ごと交換
        カワサキの指定なんですか、タイヤだけなら行けると思ってたのに思わぬ伏兵

        • K.K. より:

          SCですがブレの点検が1万2千km毎でブレが0.5mmを超えると即交換になります。(2年間はブライトの保証がありますけども)
          最大約13万回転/分するので仕方が無いのですけど、Ninja H2を購入するときは色々とランニングコストが掛かることも念頭に置いておいた方がいいかもしれません。
          特に中古の場合は保証がどうなるのか良く確認が必要になると思います。

          4万8千kmで燃料ポンプの交換なども指定があるので、カワサキ的には5万kmぐらいで一度オーバーホールしろと言う事みたいです。

          というか3000kmちょっとで尋常じゃ無いエキパイの焼けをしているのでエキパイもやばい感じです。
          純正部品でエキパイなどのAssayが180,144円(税込み:8%)でサイレンサーが143,856円(税込み:8%)になるのでマフラーの一式が324,000円(税込み:8%)です。
          社外のスリップオンが高い高いと言われていますが純正でも14万するので個人的にはめちゃくちゃ高いとは思わないのですよね。
          右に転けたら大惨事ですけどw

          正直Ninja H2は極端に走る人か盆栽する人しか買っていない感じですけども。
          某店でH2まだ3000kmぐらいしか走っていないけど…と言ったら3000も走っているの?!と驚かれたw
          マジか!
          買ったお店でも5万も走るか?という話になりましたが。
          4万kmぐらいで手放す人が続出しそうな感じです。
          多分その頃は後継機が出ていると思いますので。

          • 中目黒 より:

            ありがとうございます。
            生の声とても参考になりました。
            込み入った事は誰も教えてくれないので

            そのスペシャルな部分にも惹かれますが
            SC、クラッチ、マフラー、 etc.長く乗るにはハードルが高いですね。
            すごく惹かれるんですが。

  2. ふぇ より:

    SCエンジン、改めて見るとサージが凄いですね。
    見掛け上の空燃費も面白い値にできそうです。
    技術展示の方で、ビックリするほど小さいチェックバルブが展示されており、
    「きっとこういう部品を使うのね。」
    と妄想してました。

    • K.K. より:

      遠心式のコンプレッサーをモーターで駆動する電動スーパーチャージャーがそろそろ出そうな感じですが、電子制御フラップを付けるとは流石のカワサキですね。
      H2はハイパフォーマンスの方に振りましたが、これはちゃんと燃費やクリーンな排気ガスを目指したモデルに採用しそうです。
      ステンレスのテンパーカラーで真っ青になるのは900度らしいのですが、ええ自分のH2はその900度の焼きがエキパイの根元で見られるぐらい燃調がおかしいw

      技術展示はあまり写真は撮らず見て回っていたので記事は書かないかもです。

  3. 774 より:

    なんで10Rの国内価格発表をこんなに引っ張るんだよ…

    • K.K. より:

      まだ10Rだけ2016年モデルがブライトのサイトに無いですよね。
      カワサキはマレーシア(アジア仕様)と言う名の日本仕様を作ってくれるので、引っ張る必要は無いと思うのですが。

  4. セン より:

    私も火曜日に行きます。
    写真を見ないように記事だけ読んでおります!

    • K.K. より:

      実物はやっぱり写真と違いますのでもし見てしまっても大丈夫ですw
      あと会場の雰囲気と音は行ってみないとわからないので。

      もし帰りが夕方以降で暗くなるならビッグサイトにプロジェクションマッピングをしているのでちょっと見て帰っても良いかもしれません。

  5. 快速特急 より:

    ZX-10Rって、常に次世代の新装備を備えているような気がする・・・・・(流石ですね!)
    しかしながら、このデザインは個人的にはカッコイイと思う。

    でも、お高いんでしょ?

    • K.K. より:

      2016年の10Rの値段だけまだ発表されていませんが200万は切って欲しいところですね。
      2015年のZX-10R SEがメーカー希望小売価格1,782,000円だったので2016年は190万ぐらいで乗り出し200万ぐらいだと良いのですけども。

  6. ふぇ より:

    K.K.さんが私の為にネタを残してくれてる気がする・・・!
    Z125PROは”海外モデル”だそうです。
    どうせ大きいマフラーに変えて日本で売るんですよね。

    • K.K. より:

      詳細に全部書いちゃうのは正直しんどいのでw
      割と残しております。
      でも鈴木農園は被せますがw
      コンセプトGSXにあれでワールドプレミアとか言われても笑劇(誤字では無い)を受けすぎました。

      Z125PROはおそらく出るでしょうね。

  7. K.K. より:

    中目黒さん
    2015のH2クラッチはH2Rとほぼ同じ(クラッチプレートが1枚少ないだけ)で300馬力を受け止められる能力があるのでECUを変更してリミッター解除とかしない限りかなり持つと思います。
    (クラッチプレートは乗り方次第なので何ともですが)
    タイヤはトラコン最強で丁寧なアクセルワークを心がけて乗れば5000kmぐらいは持ちそうな感じです。
    ただ、それ以上に異様なエンジンの発熱をしますので、オイルが先にダメになるのでそれなりのグレードで熱に強いものを入れる必要があると思います。
    オイル交換した記事でも書きましたが、H2はかなりオイルに対して敏感な感じです。
    安物のオイルは500kmぐらいしか持たない感じですね。
    ASHのFSは交換して1000km以上走っていますが、まだ大丈夫でかなり良い感じです。
    フィルター換えて4.5Lぐらいという量が入るのでかなりの金額にw

    エキパイはテンパーカラーから根元は900度ぐらいになっているので、それぐらいの高温からの冷却を繰り返していると、2万kmぐらいで割れそうな感じなのですよね。
    H2のエキパイをチタンにしなかったのは、耐久性の問題と聞いています。
    H2Rは保証が無いのですぐに割れても知らんとw

    H2は楽しめる範囲が狭いので、究極のセカンドバイクが自分の印象です。
    もう自分は一度倒しているのでロングツーリングに出たり、オフ車が入るような道に突っ込んだりむちゃくちゃな使い方していますけどw

    • 中目黒 より:

      K.K.さん
      遅くなりました、丁寧な返信ありがとうございます。
      タイヤもオイルも想像以上でした。
      スペシャルと言うよりもスパルタンですねメンテ費だけでガソリン代が出せなくなりそうw
      変な言い方ですが頑張っても4万キロで乗り換えを考えてるのかもしれませんね。
      今乗ってるのは20年以上のってますが。

      2016のラメは趣味じゃないので2015ですが、ピンク来年来ないかな。