スポンサーリンク

【東京モーターショー2015】スズキブース

ms2015_suzuki-15

スズキブース

スズキは農業でニッポンを元気にしよう!!がテーマです。
かぼちゃはハロウィン前だったので売り切れたんだよ。
ビッグサイトに来るまではあったんだよ!
http://www.suzuki.co.jp/car/entertainment/motorshow/2015/exhibition/carry.html
急遽、新城市軽トラ市を書いてみた。

ms2015_suzuki-1
スズキブースはSUZUKI NEXT 100がテーマです。小さな車、大きな未来。
http://www.suzuki.co.jp/car/entertainment/motorshow/2015/
今回のスズキブースはかなり衝撃な内容だったので、色々と撮り忘れましたw

コンセプトGSX

ms2015_suzuki-5
マジで発砲スチロールっぽい材質で作られていて、これならカワサキみたいにイラストで良かったと思うのですよね。
ms2015_suzuki-4
これワールドプレミアの参考出品車として出すの止めませんか?と言った中の人は居なかったのかと思える第一弾の衝撃です。

Feel Free GO!

ms2015_suzuki-3
原付クロスバイクと謎のジャンルにチャレンジです。
ギアは自転車のクロスバイクみたいにハンドグリップで変速します。
2速でH – N – LというN芋やってくださいという鬼の仕様。
モペットみたいに漕げるわけではないのであくまで原付バイクです。
そしてエンジンが凄い!!49cc油冷4サイクル:単気筒SOHC2バルブです。
ん?油冷だと?
「燃焼室の高温になる部分に、速い速度でオイルを流し効果的に冷却を行う、新開発の油冷システムを採用。
エンジン内部の温度を最適化することができ、走行性能と燃費性能を両立しました。
また高い耐久性と静粛性も実現しています。」
新開発の油冷エンジンキタ━━━ヽ(´ー`)ノ━━━!!
マジかよスズキ!!第二弾の衝撃。

RM-Z450WS

ms2015_suzuki-2
ms2015_suzuki-13
全日本モトクロス選手権に参加している小島選手のRM-Z450WSです。
モトクロス世界選手権ではKTMにホンダとカワサキが絡んでくるような感じでスズキ頑張れもっと頑張れw
まあ、もうこの辺はメーカーの差というよりライダーの力量なんですけどね。

XE7

ms2015_suzuki-10
リカージョンのエンジンでXE7です。排気量は600ccです。
これを激写していたら中の人が話しかけてこられたので、これリカージョンのエンジンですよね?と聞いたらはい、そうですと。
色々な話を聞けたのですが、以前に出したリカージョンはターボラグが結構あるのでダメだったらしいです。(走るところまで行っていたのか)
なので、タービンをなるべく排気ポートに近づけてラグをこのエンジンで解消しましたとのこと。
確かにギリギリまで排気ポートにタービンを寄せていますね。
4~5000回転ぐらいの中速からトルクフルになっていて実用域で扱いやすいエンジンだそうです。
ms2015_suzuki-11
最近のバイク設計はエンジンを剛性のメインまたは一部にするので、エンジンが決まらないと設計できないですよね、との返しにエンジンはこれで完成しているのでフレームがどこを通るか大体想像出来ますよねーと言われたw
あーなるほど、だったらここをこんな風にこんな感じで(以下省略
ん?と言うことはリカージョンはもう量産向けの設計はかなり進んでいるような感じでした。
(どこまで出来ているのかわかりませんが、リカージョンだったもの(重要)は出るよ)
ms2015_suzuki-12
インタークーラーの熱をそのまま放出せずに、走行風を利用して赤く囲ったところからライダーに当てること無く後ろに熱を逃がすような工夫があるらしいです。
マジで熱いのですよ。過給器付きのバイクは。
ms2015_suzuki-16
写真はエンジン単体ですので切れていますが、フレームの中を通す何かに繋がるようです。
具体的な話が聞けましたので、中の人はリカージョンの担当だったのかもしれません。
もしかしたらそれだけ具体的な話をするということは、早ければ今年のEICMAで出してくるのかもしれませんね。

BERGMAN FUEL CELL

ms2015_suzuki-9
普通の電動スクーターかな?
ms2015_suzuki-7
残念!!燃料電池なスクーターでした。
なん…だと…?
今回一番の衝撃だったBERGMAN FUEL CELLスクーターです。衝撃第三弾。
まさか二輪でFUEL CELLが見られるとは。
鈴木農園と同じように端っこに何気に置いてありました。
■スペック
全長×全幅×全高: 2,055×740×1,355mm
燃料電池: 固体高分子型燃料電池
燃料貯蔵方式: 圧縮水素タンク(70MPa)
充填時間: 約5分
航続距離: 120km(60km/h 定地走行)
「空冷式燃料電池は、水冷式と比較して補機類が少ないため、小型・軽量・低コスト化が可能なシステムです。
加速時は燃料電池に二次電池の電力をプラスして力強い加速を実現。
減速時はモーターの発電電力を二次電池に蓄電することで、効率的なエネルギー制御をしています。」
回生付きですので、実際の燃費も80kmぐらい航続できるかもしれませんね。
ms2015_suzuki-6
ms2015_suzuki-8
イギリスの燃料電池開発ベンチャーでインテリジェント・エナジーとスズキで燃料電池開発と製造の合弁会社SMILE FCシステムを作ったのですがそのユニットです。
■空冷式燃料電池ユニット
区分: 固体高分子型
冷却方式: 強制空冷
定格出力: 3.9kW
重 量: 20kg
容 積: 30L
ms2015_suzuki-14
「現在、燃料電池式二輪車は安全基準や認証手続きなどの国内法の整備が進められており、スズキは国内法が整備され次第、型式認定を申請し、公道走行試験を実施する計画です。」
と言うことですので、普通に試験走行は出来ている状態で、法整備出来次第公道に出るみたいです。
販売はその後になるので2017年ぐらいには販売されるかもしれませんね。
そうかスクーターなら重心が低いので、例え転倒しても水素漏れの危険性が少ないかもしれません。
水素ステーションはトヨタ様がどうにかしてくれるでしょうw
ホンダもFCV出すのでこれから広がっていくかと思います。
問題は高速なのですよね。最近EV向けの充電できるところは結構見かけるようになりましたが。
SAに水素ステーションが増えてくる日も近い将来に見られるかもしれません。

衝撃を受けすぎて疲れましたので、スズキブースはこの辺で。
なお、スズキは四輪の記事がございません。ご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. スズキは真性 より:

    「コンセプトGSX」もしかしたら何かビックリすることでも起きるかもと期待したけど
    あのままですか~><

  2. KR より:

    まさかまだ油冷のノウハウが継承されていたとは…
    もはや呪いだな…けっして解けない呪い…

    • 豊川稲荷 より:

      油冷なんて空冷の上位互換なだけだよ。ヨシムラのXR100のヘッドやCB1100が近いかな。
      あとリカージョンはOHCだったから進化してるね。

    • K.K. より:

      空冷か水冷で良いのにもう油冷は伝承される伝統芸能かとw

  3. ふぇ より:

    リカージョンのエンジン、私も同様の説明を受けたのですが、
    タービンの冷却が気になり、やっぱりIHIですか?と聞きましたが
    ノーコメントです!とバッサリ切られてしまいました。
    このご時世にガソリン冷却なんて、認証通る訳ないですし。

    • 豊川稲荷 より:

      まあ四つ輪じゃああの位置は普通だし最近のトレンドのエキパイと一体のハウジングとかは部品メーカーのだと思うよ。だいたい四輪はIHIだし。多分中の人が知らなかっただけだと思うけどね、そうやってごまかしたことない?

      • ふぇ より:

        コメントではハショリましたが、
        「IHIの(中略)で(中略)との差異は(中略)だったりするんですか?」
        と聞いています。説明員の方の雰囲気だと
        「わかってるなら聞かないで下さいよーこやつめー」
        という感じもしました。
        ただ、自分の中では腑に落ちない点もありますので、私の勉強不足ですね。
        技術展示でも説明されればわかるけど、その発想はなかった。
        てなもんばかりでしたし。
        スズキの説明員の方はバッチリ把握してると思われます。

    • K.K. より:

      えっタービンの冷却はスズキ伝統芸の油冷じゃないのですか?(真顔)
      タービンはIHIか三菱の二者択一になるので、スズキの四輪はIHIを採用していたと思うのでこれもIHIと思っていたので、あまり気にしていなかったです。
      (冷却も水冷と。タービンを撮った写真が手ぶれて載せていません)

      カワサキはタービンも自社製と言うところが凄いです。(そしてその品質過剰なところもw)
      そして冷却なんて軟弱なモノは搭載しないところが細かいことは気にするな男カワサキ。
      この季節でもバイク停めたらエンジン並びにSCの熱で、タンクの中のガソリンが気化してタンクからピューとか音がするのですけども。
      夏場はマジでガソリン吹いていたので満タンはやばい。
      某バイク店で停めていたらバイクの下にシミを作っていたのでオイル漏れキタコレと思っていたらガソリンでしたw

      記事に書いていませんが本当にXE7の近くに居られた説明員の方は詳しかったですよね。

  4. オレンジ より:

    バーグマンを意地でも諦めないのね

    • K.K. より:

      二輪のFUEL CELL第一号としてバーグマンは羽ばたくのです!!
      アドレスとスカイウェイブに挟まれた悲しい車種なので日の目を見せたかったのかも。
      個人的にはスカイウェイブで出してくれないかなw