スポンサーリンク

Kawasaki 水冷2サイクルNinja150SSとNinja150RRの販売を開始

main01-f
出典:MSLゼファー
ニュースとしてはかなり出遅れましたが、一向に取り上げる感じが無いので書いてみようかと思います。
東京でカワサキ販売店としては有力なMSLゼファーが水冷2サイクル単気筒149ccのNinja150SSとNinja150RRの販売を開始しました。
そう、今時新車で2stですよ!!
日本ではすっかり2stは廃れてほとんど走っているのを見なくなりましたが、アジア圏ではまだまだ現役で新車も販売しております。
また面白いものを引っ張ってきたなーと言う感じです。

Ninja150SS

main01-f
main02-f
main03-f
■スペック

全長×全幅×全高 1,930×720×1,095(mm)
軸間距離 1305mm
最低地上高 145mm
シート高 —mm
Fサスペンション 41mm正立テレスコピック
Rサスペンション モノショックサスペンション
Fブレーキ ディスクブレーキ・ツインポート
Rブレーキ ディスクブレーキ・ツインポート
車両重量 134kg
エンジン 水冷2サイクル単気筒
始動方式 キックスタート
点火方式 CDI・キャブレター ミクニ VM28
ボア×ストローク 59.0×54.4(mm)
圧縮比 6.9:1
最高出力 29ps/11,000rpm
最大トルク 20N・m/9,000rpm
トランスミッション型式 常噛6段リターン
駆動方式 チェーンドライブ
ギヤレシオ 1速 2.700(27/10)
2速 1.706(29/17)
3速 1.300(26/20)
4速 1.091(24/22)
5速 0.952(20/21)
6速 0.864(19/22)
駆動比全体 7.874@トップギア
燃料タンク容量 10.8L
サイドオイル容量 0.8L
クーラント容量 1.3L
タイヤサイズ (F)90/90-17 49S
(R)110/80-17 57S

FIではなくキャブレターでミクニ VM28とまた懐かしい型番が。
カラー:グリーン・オレンジ・グレーの3色展開です。
価格:¥499,907(税別)
http://www.msl-japan.com/ss/ninja150rr/standardspec_2015.html
002
007
010

Ninja150RR

main01-ss
main02-ss
■スペック

全長×全幅×全高 1,955×710×1,035(mm)
軸間距離 1335mm
最低地上高 140mm
シート高 —mm
Fサスペンション 正立テレスコピック
Rサスペンション モノショックサスペンション
Fブレーキ ディスクブレーキ・ツインポート
Rブレーキ ディスクブレーキ・ツインポート
車両重量 122kg
エンジン 水冷2サイクル単気筒
始動方式 キックスタート
点火方式 CDI・キャブレター KEIHIN PWL26
ボア×ストローク 59.0×54.4(mm)
圧縮比 6.9:1
最高出力 20.5kW(27.9ps)/10,500rpm
最大トルク 20.0N・m/9,500rpm
トランスミッション型式 常噛6段リターン
駆動方式 チェーンドライブ
一次減速比 3.000(42/14)
ギヤレシオ 1速 2.700(27/10)
2速 1.706(29/17)
3速 1.300(26/20)
4速 1.090(21/22)
5速 0.952(20/21)
6速 0.863(19/22)
駆動比全体 8.479@トップギア
燃料タンク容量 8.2L
サイドオイル容量 1L
クーラント容量 1.3L
タイヤサイズ (F)2,75-17 4PR
(R)3,0-18 4PR

KEIHIN PWL26と150SSと違うキャブですね。
ちょっと懐かしのRZを思い出したのは内緒。
カラー:グリーン・レッドの2色展開です。
価格:¥420,277(税別)
002_ss
052-ss
013_ss
http://www.msl-japan.com/ss/ninja150ss/standardspec_2015.html

車両は、試乗車として店頭に展示されているので、実際に試乗することが出来できます。
下道コースと高速コースがあります。

■下道試乗:保険料+ガソリン代 2,000円(税込)
試乗コース→笹目通り折り返し 約2.4キロ

■高速試乗:保険料+ガソリン代 5,000円(税込)
試乗コース→新倉PA折り返し 約12.7キロ
高速代につきましてはお客様負担。
また対象車両を成約した場合、試乗金の返金をしてもらうことが出来ます。

試乗するには2000円か5000円を払う必要がありますが、有料にしたのは買わないけど乗りたい人が多いと思うのである程度の冷やかし避けかもです。
個人的にはNinja250SLより欲しいかもしれません。
150SSと馬力は同じでも2stの加速感は全く違うしNinja250SLの車両重量149kgに対して車両重量134kgと15kgも軽いので。
流石にブライトではなくて一販売店が引っ張ってきているのでお値段は高めなのは仕方が無いですが、最後の2stという売りも強ちそれほどな誇張ではないかもしれません。
是非乗ってみたい1台ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 食パン より:

    私はマグナム80を思い出してしまった・・・・・・
    150の2ストって高校生の頃NSR150SPをちょっと貸してもらって乗ったけど面白かった思い出があります。

    今はNS125RとDT200Rを持ってるから試乗して比べるのも面白そう!

  2. 匿名 より:

    ネイキッド版のフロントフェンダーとリアインナーフェンダーがやたらでかい気がするのは
    本来売ってる場所の路面がきれいくないからだろうか。

    • 食パン より:

      調べてみたらインドネシアの道路の舗装は石畳やコンクリを主原料としてて、全体の60%程度が舗装されているみたいだね。

  3. リアカー中烏 より:

    KRRとは違うのか?

    • 食パン より:

      KRRはタイカワサキ製でNinjaはインドネシアカワサキ製になりました!
      エンジンはKRRをベースにしてそうですが排ガス規制に対応させるためにかなりパワーダウンしていますね。

      そんなKRRも新車があったころは35万位で売ってたんだよね……

  4. 豊川稲荷 より:

    他のサイトでも見たけどこれって排ガス規制はどうしてんの?
    調べたらKTMはどインチキだったし。

    • 食パン より:

      少量の販売なら輸入車特別取扱い制度を利用すれば簡単。カワサキは大手だしね。
      MSLの前にも販売している業者が適合取ったらしいけどソースは2chなんだ・・・・・・

  5. ふぇ より:

    2stも驚いたけど・・・6速なのに驚きです。
    やっぱり煙モクモクで前走らないでください><ってなのるかしら?

    • K.K. より:

      このモデルはユーロ2は通っているので、煙モクモクでは無いかもしれません。
      ユーロ2に通すためパワーダウンしたらしいので。
      150㏄でパワーバンドが狭いの6速なのかもです。

  6. くまくま より:

    ほんと、最後なんだろうねぇ・・・
    しかし、日本でよく認可通ったなぁ
    そんな感じに思いますわ(=゚ω゚)ノアイ

    やっぱ、キックオンリーなのね(´・ω・‘)ショボーン
    <乗りたいけど、スタートさせられぬ(´・ω・‘)ショボーン

    • K.K. より:

      まあ、少数販売で車検が無いバイクなので認可が通ったっぽいので、もしかすると今回の入荷で最後かもしれません。
      グレーゾーン。

  7. ちんたろう より:

    RRとSSが逆ではないですか?