スポンサーリンク

スーパーネイキッドモデル「Z125 PRO」を2016年4月15日新発売

2016-Z125
出展:カワサキイチバン

川崎重工の広報に
Z125の情報が出てたので紹介するぜ( ゚д゚ )クワッ!!

川崎重工は、スーパーネイキッドモデル「Z125 PRO」を4月15日より新発売します。
「Z125 PRO」は、世界市場でロングセラーの先鋭的なネイキッド「Zシリーズ」の最小排気量モデルとして、125ccクラスに加わったニューモデルです。軽量、コンパクトな車体と低いシート高は扱いやすく、経験豊富なライダーだけでなく、初心者や女性、小柄な体格の方まで幅広いユーザー層を対象としています。
スロットルレスポンスに優れた新開発の124cm3水冷4ストローク単気筒エンジンは、スポーティな走りを可能にするパワーと優れた燃費性能を両立しています。倒立フォークとオフセットレイダウンリヤサスペンション、前後のペタルブレーキディスクなどパフォーマンスを重視した本格装備も特長です。外観には独特な形状のシュラウドとアンダーカウルなど斬新なデザインを各所に取り入れ、先鋭的なネイキッドである「Zシリーズ」にふさわしいスタイリングとしています。
また、4速マニュアルトランスミッションやマニュアルクラッチといった、スポーツライディングを楽しめる装備に加え、大容量7.4Lフューエルタンクやタンデム走行に適した段付きシートなど、利便性と快適性を高める装備で、街乗りからツーリングまで幅広い領域で走る喜びを味わえるモデルです。

カラーリングと諸元などなど

キャンディライムグリーン
2016-Z125-1
メタリックグラファイトグレー
2016-Z125-2

主要諸元

商品名
Z125 PRO
型式
BR125HGF
全長×全幅×全高
1,700mm×750mm×1,050mm
軸間距離
1,175mm
最低地上高
155mm
シート高
780mm
キャスター/トレール
26°/ 69mm
エンジン形式/弁方式
水冷4ストローク単気筒/SOHC2バルブ
総排気量
124cm
内径×行程
56.0×50.6mm
圧縮比
9.8:1
最高出力
7.1kW (9.7PS) / 8,000rpm
最大トルク
9.6N・m (0.98kgf・m) / 6,000rpm
始動方式
セルフスターター
点火方式
バッテリ&コイル (トランジスタ点火)
潤滑方式
ウェットサンプ
エンジンオイル容量
1.0L
燃料供給方式
フューエルインジェクション
トランスミッション形式
常噛4段リターン
クラッチ形式
湿式多板
ギヤ・レシオ
1速
3.000 (36/12) 
2速
1.937 (31/16) 
3速
1.350 (27/20) 
4速
1.086 (25/23) 
一次減速比/二次減速比
3.409 (75/22) / 2.142 (30/14) 
フレーム形式
バックボーン
懸架方式
テレスコピック(インナーチューブ径 30mm)
スイングアーム
タイヤサイズ
100/90-12 49J 
120/70-12 51L
ブレーキ形式
シングルディスク 200mm (外径)
シングルディスク 184mm (外径)
ステアリングアングル(左/右)
42°/ 42°
車両重量
102kg
燃料タンク容量
7.4L
燃料消費率(km/L)
50.0km/L(国土交通省届出値:60km/h定地燃費値、2名乗車時)
56.0km/L(WMTCモード値 クラス1、1名乗車時)
最小回転半径
2.1m

燃費に関しては
いい感じなのかな?
KSR110と比較しても悪くない感じだし・・・
いや、ちょっといいのかな?

これは、GROMにぶつけてきた感あるねー

値段で1万円の価格設定なんだけど
俺的にはいい感じじゃないかな?
おもうです(=゚ω゚)ノアイ
<GROMの334800円に対して、345600円かな?

単純比較だと、値段も高いし
燃費性能他、ちょっと劣ってる感じはするけど・・・
メーターとかあれこれ
Z125も悪くないのよねー

車体がいい感じ

たぶん、KSR110と
ほぼ同じベースから調整してると思うんだけど
良いと思います( ゚д゚ )クワッ!!

ぶっちゃけ、欲しいです・・・
カッコいいし・・・ミッションだし
なにより、ちっちゃいし(*´Д`)アハーン
でも、手を出すのはちょち・・・
あー、きつい(A´∀`)アセアセ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. KR より:

    昔、ファイナル直前で買ったKSR110が27万ぐらいだったから
    結構お高くなった気がするけど、GROMの値段を考えると
    このクラス、このスタイル全体のお値段が上がってきてるのかなと思います
    それでも十分魅力的だから欲しいなあ…特に銀

    • くまくま より:

      確か、そんくらいだったかな?
      んで、小虎が32位で・・・

      欲しいのは同じ
      しかも、同じ色www
      ・・・どっかに、お金落ちてないかな(´・ω・`)モキュ

  2. 匿名 より:

    空冷だぞー

    • くまくま より:

      GROMも空冷じゃなかったっけ?(´・ω・`)モキュ
      水冷化・・・するまでもない気がする(´・ω・`)モキュ

  3. 食パン より:

    99年の最終KDX125SRが33万9千円という衝撃・・・・・・
    勿論信頼と実績の日本製。
    近所のおじさんが当時29万で買って今でも乗っていますよ!
    いいなぁKDX

    • くまくま より:

      当時は、小型二種って
      安くないと売れないって感じありませんでした?(A´∀`)アセアセ
      今は、売れ筋だから、強気の価格設定に・・・
      あ、あとは音対策や排ガス対策とか
      そっち系がお金かかってる気が(A´∀`)アセアセ

      • 食パン より:

        99年当時は小学生だったので良く分からないけど、ホーネットに乗ってるお兄さんは良く見ましたね(あのタイヤは良く覚えてる)。

        当時のバイクの値段をちょっと調べるとホーネット50万、当時新型のVTR250で43万円。ついでにKSR-Ⅱが24.9万円・・・・・・

        • くまくま より:

          あたしゃ、99年に小学生って方が
          ダメージでかいです(A´∀`)アセアセ

          ・・・社会人になってたお(´・ω・`)ショボーン

      • KR より:

        まあKSRに比べると、倒立フォークのガード部分や前後フェンダーの質とか
        KSRだと社外品付けるしかなかったアンダーカウルが標準装備だったり
        もちろんメーターもデジタルだし、色々と豪華になってますしね

        • くまくま より:

          ぜいたく品になりつつありますよね
          KSRの時なんて、このメーターなに?(´・ω・`)モキュ
          って思ってたりしたんですが・・・
          デジタルですよ、デジタル(*´Д`)ハァハァ